ブログ

日々是味方

「見方を変えれば味方に変わる!」
日々の生活の何気ないことから学べることは沢山あります。
それは一見ちょっとしたことであっても自分自身のアンテナに引っかかるかどうかではないでしょうか?
 日々生活する中での気づきや思いについて、時に熱く語ります。

「本物の占い師」


やはりプロは凄い

普段そんなに占いにはいかないのですが、友人から「本物」と聞いていてもたってもいられなく、札幌市外の占い師の元へ車で1時間以上かけて行ってきました。

どん底の時代に占い師めぐりをして以来、実に数年ぶりの占いです。

予約の段階で、出生地や生年月日や生まれた時間を母子手帳で調べてお伝えしていました。

僕は詳しくないのですが、ジャンルとしては占星術というもので、星の流れを参考にして多角的に相談できるもののようです。統計学的な要素もあるのかと感じました。

占いなどスピリチュアルなものについては、感じ方はそれぞれでしょうが、僕は「いいことは信じて、悪いことは信じない」というスタンス。

どんなことを言われるのか、ワクワクとドキドキが入り混じった気持ちでセッションに臨みました。

セッション終盤に出た「外したら星ではなく、自分の読み間違い。星は間違わない。」という占い師さんの言葉にはシビれました。

やはりどんなジャンルの方でもプロは凄いという一言です。


これからの道しるべ

詳しい内容については個人的なことなので詳細については語りませんが、僕にとっては今から10年くらいが仕事面での勝負の期間な様子。

自分もなんとなくそう感じていたので非常に腑に落ちました。

僕は根拠のない自信というか、自分の直感にはなぜか自信を持っているのですが、星の面から見ても「直観力」は僕にとっての大きな強みであるようです。

星の流れをみてもこれからいい時に入っているようですので、今やっている活動を直感に従ってとにかく頑張っていこうと感じました。

カウンセリングなどよりも僕は「教える」ことが1番人の役に立てることらしく、自分が誰に何を教えられるのかについて考えさせられました。

また、先日より電子書籍も出させていただきましたが、執筆業もいいらしく、2冊3冊と出し続けていきたいと気持ちを新たにしました。

ちょうど「明日も味方」としてもセミナーを主催していこうと思っていた矢先でもあり、自分にできることの棚卸を久々にしていこうかと思います。

5・6年前はちょうど星の流れも悪い時期で、ちょうどその時に僕は人生のどん底も味わいましたが、星の流れからみてもそこから脱して勢いのある時期に突入したようですのでフルスロットルで走り切りたいと思います。


「あせるな」

「時間はかかるがやりたいことは成就する」という言葉をいただき、それが1番励みになりました。

また、スイッチを入れすぎると体調壊すとも指摘があり、昔の経験を指摘されたようで気を付けながらゆるゆるで行こうと思いました笑

20代の頃、人事考課の際に上司に「あせるな!」といわれたことも思い出しました。

当時は同期に役職がつき出して僕にはつかないという状況。

実はあまりあせってはいないつもりだったのですが、周りにはあせっているように見えていたのでしょうか?未だに謎です。

ただ、今日の話でもそうなのですが、あせらず確実に積み重ねていけば成就するという主旨のことも言われ、久々に思い出したエピソードでした。

もし神様がいるとしたら、せっかちな僕に対して上司や占い師を通してメッセージを送ってくれているのかなとスピリチュアルな感想を持ったりしちゃいました。

(書き手 枝町旭展)